結婚のために用意するもの|愛が溢れるケイ・ウノの指輪で彼女が虜になる

愛が溢れるケイ・ウノの指輪で彼女が虜になる

結婚のために用意するもの

カップル

左手薬指の指輪

結婚の永遠の証として結婚指輪を取り交わすことは一般的なことですので、左手薬指に指輪がはめられていれば、ほとんどの人が結婚指輪だと理解します。そもそも結婚指輪は永遠の愛を約束するものとして古代ローマ時代からはめられるようになりました。特に左手の薬指の血管が心臓と直接つながっているという古代ローマの言い伝えによって、婚約指輪も結婚指輪も左手の薬指にはめられました。指輪を日常的にはめている女性にとっては抵抗感がありませんが、男性にとっては結婚指輪くらいしか指輪をはめることはありませんので、まさに永遠の愛の誓いということができます。男性の中には指輪をはめることに抵抗感を持つ人も多いので、あらかじめ夫婦で話しておくことが重要です。

指輪を購入する

結婚指輪を購入する場合には、当然、双方での合意が必要になります。そもそも、結婚指輪を双方ではめるかどうかの合意はもちろんですが、どのような形状のものにするか、いくらくらいのものにするのか等あらかじめ協議しておかなければなりません。婚約指輪に比べればシンプルな指輪になりますので、価格は低めです。平均的には二つ揃えて20万円から30万円程度と言われていますが、年々、こだわり派が増えており、金額も増加する傾向にあります。既製品のものからフルオーダーのものまで様々な種類がありますが、ネームの刻印やサイズの微調整などのために日数がかかることがありますので、結婚式までに余裕を持って発注することが大切です。